社会保険労務士資格と報酬

 

意外と需要あり?他士業事務所でのお仕事

弁護士や税理士などの他士業は、社会保険労務士とはカテゴリは違えど、どこか敵対の対象となってしまう部分があるのではないでしょうか?もちろん、専門分野が異なるため、取扱業務に大きな違いがあります。
社会保険労務士としてそれなりの年収を狙うのであれば、いずれは他士業連携にも注目していくべきであると言えましょう。しかしながらその前に、資格を取得した当初の方であれば、思い切って「他士業事務所の門を叩く」というのもまた、就職先探しのひとつの道筋なのです。

 実際のところ、法律事務所や税理士事務所であっても規模の大きいところであれば、労務分野の専門家として所内に社会保険労務士を配置しているものです。
特に税理士事務所の場合、社会保険労務士を事務所内で開業させて、社会保険労務士業務も専門に扱えるようにしている事務所はいくつもあります。
つまり、他士業事務所にとって、社会保険労務士を所内に配置しておくメリットはそれなりに大きいのでしょう。

「社会保険労務士として開業して実務をこなしていきたい、でも顧客獲得に自信がない」そんな方にとっては、他士業事務所にはまさに理想的な環境が用意されていると言えます。

もちろん、他士業事務所に社会保険労務士として入り込むのは、なかなか容易なことではないでしょう。
私が知っている限りでは、「もともと事務員として働いていた方が社会保険労務士資格を取得し、交渉して開業」というパターンが多いように思います。
ただし、いくつかの求人を見ていると、税理士事務所や会計士事務所で「社会保険労務士有資格者募集」としているところもちらほらあります。
求人数は地域によって異なりそうですが、根気よく探されてみると良いかもしれませんね。

いかがでしょうか?本カテゴリでは、社会保険労務士として十分な年収を得るためのいくつかの道筋をご紹介させていただきました。もちろん、ご紹介した以外にも方法はあると思います。
稼げる社会保険労務士になるために、皆さんぜひ頑張ってみて下さい!

▲ページトップに戻る

>>多くの方が合格している今話題の社労士勉強法はコチラ