社会保険労務士資格と報酬

 

手堅くいきたいアナタにオススメ!年金の実際が学べる

本サイトでは、基本的には社会保険労務士として年収増が見込める就職先をご提案していますが、中には「いや、収入云々よりも、お国の機関で安心して働きたい」という方もいらっしゃると思います。
とはいえ、ハローワーク職員の求人など滅多に目にしませんし、労働基準監督署の職員募集には年齢制限があります。
お国主体の社会保険労務士の活躍の場って、案外狭き門だったりするんですよね。
ですが、注目すべき就職先がひとつあります。それが「年金事務所」です。一般的には「日本年金機構」の名で知られています。

 日本年金機構とは、国からの委託・委任を受けて、公的年金(厚生年金及び国民年金)に係る一連の運営業務を担う非公務員型の特殊法人のこと。
お国のもとで安心して働きたい堅実派の方には、まずオススメの就職先候補と言えるのではないでしょうか?

 ただし、年金事務所への就職は、必ずしも「社会保険労務士」である必要はありません。常時募集しているのは各事務所の事務補助の仕事であり、これは資格を持たずとも出来る仕事なんです。
募集要項をご覧いただければ分かることですが、収入の面についてもさほど高額とは言えず、「社会保険労務士として年収アップ」とはいかないかもしれません。

 しかしながら、年金事務所での実務は、社会保険労務士として年収とは違った形の魅力があることは事実です。
例えば、「年金知識の習得」。
これは、どんなに実務書を読んだとしても、年金事務所の職員として実務に携わりながら習得する方がよっぽど実りがあると言えましょう。また、相談対応業務を担えば一般の方々からの年金への意識を知ることが出来る、データをメインに扱う業務に就けば年金を裏側から知ることが出来るとあって、どんな仕事からも必ず、社会保険労務士として得られるものがあると思います。

 社会保険労務士で年収増を狙う、というのも良いのですが、まずは専門機関に入って様々な角度からスキルを学ぶというのもまた、有意義なことなのではないでしょうか。

▲ページトップに戻る

>>多くの方が合格している今話題の社労士勉強法はコチラ