社会保険労務士資格と報酬

 

転職せずに社労士に?!最もリスクの少ない活躍の場

社会保険労務士としてこれまで以上の年収を狙うなら、「やっぱり転職するしかないよな!」と思い込んでいる方も多いかもしれませんが、新たなステージは意外にも身近なところにあったりするものです。
例えば、今現在お勤めの会社。社会保険労務士関連とは全くかけ離れているし、こんなところで知識を発揮しようとしても無理なのではと思いきや、それがそうでもなかったりします。

社内に、労務関連の相談窓口はあるでしょうか?労働保険や社会保険の手続き業務は誰が行っているでしょうか?
おそらく、小さな会社ほど、きちんとした体制が整っておらず、毎回何となく誰かがそれぞれの処理をこなしている、といった状況であると思います。
こうした会社にいらっしゃる方は、チャンスですよ!あなた自身が、社会保険労務士として労務トラブルの解決も手続き業務全般も、すべてを担えば良いんですから。

 実際、社会保険労務士の資格を取得して在籍する会社で勤務登録をさせてもらう方は、結構いらっしゃるものです。
社内に勤務社労士を配置することで、対外的なイメージだったり実務上だったりと、会社的にも様々メリットがあることは言うまでもありません。
もちろん、社会保険労務士として登録すれば、資格手当等で年収アップを狙うことが出来ます。もっとも、手当としての支給額はだいたい月に1~3万円程度が相場で、そこまで大きな金額にはなりませんが、転職のリスクを負わず、社会保険労務士として確実に年収増を見込めるのであれば願ったり叶ったり、という方も多いと思います。

 

 ただし、社会保険労務士資格を取得できたからと言って、必ずしも勤務登録が認められるわけではありません。社内に勤務登録者が溢れていたらまず無理ですし、その会社に顧問社労士がいるならばあえて勤務登録者を募ることもしないでしょう。
合格したらさりげなく、会社に探りを入れてみると良いと思います。

▲ページトップに戻る

>>多くの方が合格している今話題の社労士勉強法はコチラ