社会保険労務士資格と報酬

 

社会保険労務士資格で開業すると?

●開業社会保険労務士の収入
開業社会保険労務士の収入については、平均年収400万円~700万円など、色々な説がありますが、実際のところは、事務所によってかなりの開きがあると思われます。

とはいえ、労務顧問を主な業務にしている事務所の場合は、顧問報酬が毎月入ってくるため、行政書士等の他士業に比べ、比較的収入が安定しているということは確かでしょう。

●顧問契約の報酬
顧問契約というものは、一度顧客をつかんでしまえば、契約解除やその顧客の倒産などがない限り、その後も契約関係が続いていきます。

ですから、基本的に、社会保険労務士事務所というものは、事務所の開業からの年月とともに、収入は伸びていくはずです。

逆に言えば、開業当初で顧問先が少ない時期は、収入的にはかなり厳しいということが言えます。

●単発の仕事の報酬
さて、顧問契約というものは、毎月の安定収入が入るというメリットがありますが、ひとつひとつの業務の単価は、さほど高くはないものです。

それに比べ、単発の仕事は、比較的高い単価を請求できるというメリットがあります。

こうした単発の仕事は、助成金や就業規則などが代表的なものですが、単価が高い代わりに、一回きりの仕事になります。

顧問契約のような継続性がないため、次々と営業をしていく必要があります。

とはいえ、助成金の請求や就業規則の作成などの単発の仕事で、顧客に良いサービスを提供することができれば、その後に、顧問契約の話になるというケースもあります。

ですから、こうした助成金のような単発仕事をフックツールに使って営業をしている社会保険労務士が数多くみられるのです。

単発仕事で実力を見せることで、最終的な顧問契約につなげていくわけです。

●通常の社会保険労務士事務所は
事務所の開業から年数が経っている社会保険労務士事務所は、概して、単発仕事よりも労務顧問の仕事の方が、ウエイトが高くなる傾向があります。

そして、顧問契約からの報酬を、収入のベースとして重視する事務所が、かなりのパーセンテージを占めていると思われます。

次のページでは、勤務社会保険労務士の報酬(収入)について、みていきましょう。


▲ページトップに戻る

>>多くの方が合格している今話題の社労士勉強法はコチラ