社会保険労務士資格と報酬

 

社会保険労務士資格の人気の理由

●社会保険労務士資格の人気
社会保険労務士資格は、国家資格の中でも非常に人気が高く、毎年5万人以上の受験者があります。
平成24年度の試験では、66,782人が申し込みをし、51,960人が受験しました。

社会保険労務士試験の合格者の特徴として、次の2つがあげられます。

1 会社員の受験者が多い
2 女性の受験者が多い

公式のデータとしては、合格者のものしか公表されていませんが、おそらく合格者だけでなく受験者にも、上記の2つの特徴が見られるのではないかと思われます。

「女性の受験者が多い」という特徴は、社会保険労務士の業務である社会保険手続きや給与計算などに従事している人材に、女性のウエイトが高いことが反映されているのかもしれません。

このような細やかな神経を必要とする仕事は、女性に向いているとも言われることもあります。
現実に、会社の総務部などでは、女性社員の活躍が多くみられています。

「会社員の受験者が多い」という特徴は、この資格が実用性に富み、将来的な安定収入につながりやすいということを、表していると思われます。

●社会保険労務士資格の「安定性」
前のページでもお話ししたように、社会保険労務士という資格の業務形態には、「開業」と「勤務」の2種類があります。

勤務社会保険労務士に安定収入があることは、言うまでもありません。

勤務社会保険労務士を選択すれば、現在の勤め先をあえて変える必要はなく、その会社の中で、資格を充分に生かすことも可能です。

転職などの冒険をおかさなくても、同じ会社で社会保険労務士資格を持って仕事をすることによって、収入の増大や役職の向上を期待することができます。

また、開業社会保険労務士の場合でも、比較的、報酬は安定しています。
先程お話しした「労務顧問」を主業務にすれば、毎月、一定の報酬を見込むことができるからです。

この資格は、勤務も可能、開業も可能、そして開業資格の中でも、比較的安定収入が見込めるものです。

社会保険労務士資格は、良い意味で「ツブシが効く」、実用的な資格なのです。
そして、このことが、社会保険労務士資格の人気の秘密だと思われます。


▲ページトップに戻る

>>多くの方が合格している今話題の社労士勉強法はコチラ