社会保険労務士資格と報酬

 

社会保険労務士資格と報酬

「社会保険労務士資格を取ろうかな。」
・・・と、ほんの少しでも思った人は、当然、次にこんなことを考えると思います。

「ところで、社会保険労務士って、もうかるのか?」

もっともな疑問です。
それは、気にして当然です。
だって、これから、自分の大事な時間を多少なりとも犠牲にして、試験勉強をすることになるのですから。

結論を先に言ってしまいますが、
社会保険労務士の報酬(収入)は、一概には言えません。
その社会保険労務士によって、全く違うと思われます。

同じ社会保険労務士資格で仕事をしているにもかかわらず、収入については、個人によって、かなりの高低差があります。

資格が取れれば、即収入になるわけではありません。
資格を取っても、それだけでは収入は入ってこないのです。

事務所を開業しても、実務ができない人には仕事が来ないだろうし、
有資格者として就職しても、仕事が全くできなければ、高収入は期待できません。

これは、社会保険労務士に限った話ではなく、
弁護士も、税理士も、行政書士も、みんな同じです。
開業医だって、どんどん潰れている時代です。
資格だけでは、収入は増えないのです。

しかし、資格がなければ、当然ですが、社会保険労務士にはなれません。

社会保険労務士だろうが、弁護士であろうが、資格を持っていることが大前提です。
この大前提を満たした上で、仕事(実務)ができるかどうかで、その人の収入が決まります。

そして、「実務ができるかどうか」は、その人の経験、努力、持って生まれた資質など、色々なことにかかってきます。

理容師や美容師のことを、考えてみて下さい。
良い技術を持っている理容師や美容師の店は繁盛します。
その技術は、その人の経験年数や、その人の努力などに培われたものでしょう。
また、生まれつきのセンスの良さなども、大いに関係してくると思います。

そして、どんなに良い技術がある理容師や美容師でも、資格がなければ仕事自体ができません。

社会保険労務士も同じことです。

一定以上の仕事能力があり、顧客のニーズに応えることができれば、収入は上がるし、もし逆であれば、廃業や転職を考える結果にもなるでしょう。

さて、本サイトは、社会保険労務士資格に興味を持った人に、社会保険労務士の報酬(収入)に関する情報をお送りするサイトです。

とはいえ、先程お話ししたように、社会保険労務士の報酬(収入)は個人差が大きすぎるため、具体的な金額にはあまり触れず、社会保険労務士という仕事の報酬の特徴や傾向についての、全体的なお話をしています。

また、社会保険労務士の報酬(収入)についてだけではなく、社会保険労務士の仕事の形態について、また社会保険労務士試験についてなどの情報も、掲載しています。

社会保険労務士資格に興味を持った方の、情報の一端になればと思います。

 


▲ページトップに戻る

>>多くの方が合格している今話題の社労士勉強法はコチラ